おはようございます!いつも記事を読んでくださってありがとうございます。

最近ブログの更新をマメに行うようになっております。(いつまで続くか!?)

今日は、当店で使用している油、「菜種油」についてです。

ソテーや揚げ物、ドレッシングやマリネ、コンフィなどレストランでは結構な量の油を使います。特にドレッシングは種類がたくさんあり(有機玉葱、有機ニンジン、各色ビーツ、バルサミコにレモン、etc)仕込む量も多く、一度に使う油は5リットルや6リットルにもなります。当然のことながら油は非加熱で使うので、コストはかかりますが質の高いものをつかうように心がけております。

特に大事にしているところは、非遺伝子組み換え原料、圧搾法、精製の仕方の三点です。

非遺伝子組み換えに関しては比較的話題にもなっているのでご存知の方も多くいらっしゃるでしょう。絞り方については、圧力をかけて絞る!精製も天然の地下水とお酢により油を洗う(湯洗いというそうです)物理的な精製で綺麗にしたものです。

使っていて思うのは、コスト面を考えると揚げ物に使うのは最初勇気が要ったんですが

意外と長持ちして、一向に酸化したときの泡が出てこないんです。なので、オードブルや

法事や行楽用の国産牛ステーキ御膳なんかも結構揚げ物が大活躍!皆さん揚げ物好きですもんね!時々、こんな風に食材の紹介をしていければと思っております!

0回の閲覧
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram