• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • 無農薬野菜フレンチ 通販・ケータリング 帝塚山 ミルメルシー

ハーブコーディアル

知ってたら役に立つハーブとその効能について

~ハーブとその効能~

今回は、知ってたら役に立つハーブとその効能について、書かせていただきます。

ハーブ検定、メディカルハーブ検定、スパイスハーブマイスター、ハーバルセラピスト、ハーブライフインストラクター検定等

ハーブに関する資格は枚挙にいとまがないくらいたくさんあります。この辺の解説はまた今度にして、今日は、簡単にハーブの効能にスポットを当ててみます。

~ハーブとは~

ハーブは人の生活に役立つ植物の総称です。「薬草」や「香草」と邦訳され、料理をはじめとして

日常生活のさまざまな分野で活用されています。

食用もあれば、香りも含めて鑑賞したり、精油を利用して香料にする場合もあります。

俗にいう「スパイス」もハーブの一種とされています。

~花粉症には~

ハーブティーがお勧めです。

・ネトル・・・花粉症・アレルギー対策用のハーブティーには必ずといっていいほどブレンドされている、アレルギー・花粉症予防の代表的なハーブ。花粉症シーズンの1~2ヶ月前から飲むといいそうです。*ネトルのハーブコーディアルも置いていたのですが、聞きなれないせいか、余り人気がなく、今は置いていません。

・ペパーミント・・・抗菌性、抗ウイルス性があり、何よりスッキリします。

・カモミール・・・皮膚や粘膜のあらゆる炎症を和らげたり、ヒスタミンを減少させる効果もあります。

~ダイエットには~

・フェンネル・・・便秘解消や解毒作用がある上、食欲を抑える働きがあるそうです。

・ネトル・・・別名「デトックスティー」と呼ばれるほど、老廃物の排出を促す効果に優れています。

・ローズヒップ・・・ローズヒップティーは便秘解消に優れています。

・エルダーフラワー・・・発汗・利尿作用があるのでデトックスやダイエットに役立ってくれますが、その他にも風邪や花粉症の症状・炎症・のどや歯の痛みなどに効くため、万能薬とも呼ばれています。マスカットに似た香りがあり、甘くて飲みやすいですよ。

~免疫アップには~

・エキナセア・・・免疫力を高める効能があり、ウイルスや細菌の侵入を阻みます。

体内から毒素を取り除き、感染症を撃退してくれるのです。

妊娠中・授乳中の人、キク科アレルギーの人は使用を避けてください。

・ジンジャー・・・ジンジャーにはジンゲロンやショウガオールといった辛味成分が含まれており、この成分が血液の循環をよくして体を芯から温めてくれます。

代謝をよくして発汗を促進する効能もあり、冷え性の人や風邪をひきやすい人に適したハーブで、冷えとりをする事で、免疫力が上がります。

ハーブティーやお風呂に入れたり、枕の下に敷くと  安眠効果もあり、幅広く使用できます。

*ミル・メルシーでは、ジャガイモのスープに、ラベンダーで香り付けをした物を提供していた事もあります。そのほかにも

ニンジンにコリアンダー、サツマイモにシナモン、等、スープではメインになる野菜とハーブの組み合わせが定番になったものが多数あり、こちらはディナーコースの一品でご用意しています。

~まとめ~

今回は、知ってたら役に立つハーブティーやハーブコーディアルなどの、飲み物で利用するハーブの効能を

中心に書きました。 お料理用のハーブについても、また書きますね。

参考になれば嬉しいです。

0回の閲覧