ダイエットへの道その1

フレンチシェフが教える簡単なダイエットへの道その1

今日はちょっとむつかしいテーマでブログを書きます。

~フレンチのシェフが教える簡単なダイエット方法ってどうゆうこと?~

ダイエットってむつかしいですよね?食事制限があったり、ジムに通って運動したり、、、

一概にダイエットが良いとはいいませんが、自分の体の適正体重を超えているようであれば何らかの方法をとったほうがいいように思います。自分では気づかないうちに、血液や内臓に相当な負担を強いてることがあるからです。

けど、仕事が忙しかったり、朝起きるのがつらい、外飲みが多い、子育てが忙しいなど一見ダイエットに障害に思われるような状況下にあることがおおいですよね?

そこで、一日のうちほとんどを調理場で、立ちっぱなしのフレンチシェフが行ったダイエット方法を少し紹介したいと思います。

~あいてる体の部分を使う「ながらダイエット」~

立ち仕事の人におすすめなのが、「つま先立ちダイエット」

たいていの立ち仕事は、上半身を使う場合が多いです。事実、料理人だと野菜の皮むき、包丁で何かを切る、などです。

そのとき、つま先立ちで立つようにします。最初は少しきついです!いや結構きついかも?だから無理のない強度で行ってください。

これの効果は、ふくらはぎの筋肉を刺激することが目的です。ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれるくらい血液の循環で重要な役割を担っています。

~何分位、どれくらいやればいいの?~

かなり個人差があります。一回もできない人もいれば、5分、10分できる人もいるでしょう。大事なのは

「立っているときにつま先で立つ習慣をつける」が第一のステップです。

10秒持たない人であれば、まずは10秒を目標にしましょう!5分やってもしんどくない人は10分やるか、次のステップの「かかとを付けづに踵の上げ下げ動作」にチャレンジしましょう!

ダイエットの成功のポイントは、「他人の成功例すべては当てはまらない」です。方法としては参考にすべきですが、どれぐらいの強度で行えるかは、人それぞれ状況が違うので一概には言えません。

まずは、「日常生活の中にダイエットに通じる道を習慣にする」ことが大事だと考えます。

~一日一回でいいの?いつやればいいの?~

先に理想を言います。

2時間に一回以上の間隔ですると効果を早く実感できます。

先の項で述べた、「習慣にする」が意味するところの一つに、「生活している以上ダイエットだけを切り離して考えるのは不可能」ということです。

一日仕事をすると疲労も溜まります。仮につま先立ちの習慣がなく、運動不足のままだと睡眠、食事だけだと、効果的な疲労回復といえません。先に述べた、筋肉や内臓、血液に確実に疲労物質がたまっていきます。それを出きるだけ減らしてあげて

「疲労回復しやすい体を作る」、これがダイエットへの近道のひとつだと考えます。

ですので、立ってるときはつま先で立つ、余裕が出て来たら、踵の上げ下げ運動をしながらつま先立ち!それも余裕が出ててきたら、踵をゆっくりおろしてゆっくり上げる(慣れるまで結構きついです!!)間違っても踵を地面につけてしまったらだめです!そこは我慢して!

まず、朝起きて歯磨きしながらつま先立ち、通勤が電車ならつま先立ち、エレベーターに乗るときはつま先立ち、お昼が立ち食いソバならつま先立ち、誰もいてなければ踵の上げ下げ(外だと人が見てたらちょっと恥ずかしい)

~ところでじゃあシェフは何キロやせたん?~

ここまで読み進めてくれてありがとうございます!

ズバリ言います、2015年4月の時点で98~99kgもしかしたら100kgあったこともあったかも?です。

このブログを書いてる本日現在「75kg」です。お正月の繁忙時期は74kgでした。

これはつま先立ち以外のことをかなりやった結果ですので、つま先立ちだけではちょっときついかもです。

正直食事制限もかなりしました。ただこれを機会に、適度な食事量の大事さを知ることができ、今では以前のような

ドカ食いはしなくなり、生活がかなり楽になりました!おまけにお金もかからず、むしろ安くついたぐらいです。

皆様も、まずは「習慣に取り入れる」ことから始めてみてはいかがでしょうか?

~まとめ~

本日はフレンチシェフが教える簡単なダイエットへの道その1を紹介しました!

その2以降も随時紹介していきます。

くれぐれも無理はしないように!!

0回の閲覧
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram