食物アレルギーでお困りの方々へ

~つらい食物アレルギーでお困りの方々へ

前回に引き続き、アレルギーの補足説明も含めて、特に食物アレルギーでお困りのかたの参考になればと思い書かせていただきました。

重複している内容はスルーしてください。

 

~食物アレルギーとは~

  食べ物を食べた時に、その食べ物に対するアレルギー反応により生じます。

酷い場合、空気中に浮遊している物質にも反応するので、注意が必要です。

(妻は、桃アレルギーがあり、スーパーに桃が並びだすと、桃の近くを通るだけで、

顔が真っ赤になり息苦しくなる為、その時期はスーパーに近寄りません)

多くは食べ物を摂取して数分から1時間以内にじんま疹や腹痛などの症状が出る即時型(そくじがた)ですが、

数時間以上経過してから湿疹の悪化や下痢などがみられる遅延型(ちえんがた)もあります。

食品によっては、アナフィラキシーショックを発生して命にかかわることもあります。

そばやピーナッツが有名ですが、最も多いのは鶏卵です。)

実は、私も生卵のアレルギーがあり、外で友人とオムライスを食べ、帰宅直後にかなり酷い症状が

出た事があります。(看護師の妻の対応で、無事でしたが)

 

~どうゆう対策があるの?~

  原因となっている食物を必要最小限に除去し、アレルギー反応を起こさないようにすることが

最も重要になります。

原因食物を誤って食べてしまい、症状が出てしまった場合には、お薬を使って早めに適切な処置を

することが大切です。

 

~口腔アレルギー(OAS:oral allergy syndrome)~

花粉アレルギーを持っている人に見られ、その花粉と似た構造をしている「タンパク質」が含まれる果物

などを食べることによって発症します。

別名「果物野菜過敏症」と言われています。

果物アレルギーの多くは、シラカバ花粉症の方に多い傾向にあり、シラカバ花粉症の人の約半数の人に

何らかの口腔アレルギー症状がみられるといわれています。

 

シラカバ花粉症

シラカバ花粉症では、バラ科の果物(もも、りんご、さくらんぼ、いちご、梨など)と

マタタビ科の果物(キウイフルーツ)に関連性があります。

「バラ科」の植物の実は果物のなかでも特にアレルギー症状を起こしやすいと言われています。

バラ科はかなり多く、アーモンドや梅・かりんなどもバラ科です。

シラカバ花粉症の方は、ナッツによるOASを引き起こすこともあります。

特に、ヘーゼルナッツは要注意です。

また、「シラカンバ」「ハンノキ」などの「カバノキ科花粉」で陽性になった場合、豆乳アレルギーの

症状がでる可能性があります。 カバノキ科花粉と大豆の場合は、それぞれに含まれているタンパク質の

構造が似ているそうです。

大豆に含まれているタンパク質は、加熱や発酵で活動力が失われやすいことから、豆腐や味噌・納豆

ではあまり症状が出ず、液体で加工の程度が低い豆乳で強いアレルギー症状が起こりやすいそうです。

妻も、シラカンバ花粉陽性で、バラ科全般・キウイ・豆乳・ナッツ類、全てアレルギー反応が出るので、

食べられません。

そんな妻ですが、ミル・メルシーでは、外食を楽しめています。

アレルギーがあって、外食を諦めている方、まずはご相談下さいませ!!

 

~その他花粉症~

ブタクサ花粉症では・・・ウリ科の果物(メロン、スイカなど)とバショウ科の果物(バナナ)

カモガヤ花粉症では・・・ミカン科(オレンジ、レモン、温州みかん、いよかんなど)

スギ花粉症では・・・トマト

など、果物アレルギーとの関連性について報告されています。

 

 ~まとめ~

ミル・メルシーでも、アレルギー対応はさせて頂いておりますので、

細かい内容等、まずはご相談下さいませ。

本日は、特に特に食物アレルギーでお困りのかたの参考になればと思い書かせていただきました。

(対応できない場合もありますので、ご了承下さいませ) 参考になれば嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな人が書いています

玉城雄湖

ミルメルシーは、お客様が外でも安心して食事ができる環境づくりを目指しています。

そのために、調理方法だけでなく、調味料や仕入れにも気を配っております。

赤ちゃんが食べても安全なように、野菜ソムリエの資格をもったシェフが、農家さんの作る無農薬無化学肥料栽培の野菜を料理・デザートに取り入れています。

健康で安心して食べられて、しかも美味しい料理をご提供できるよう、これからもがんばっていきます。

Facebookでお知らせを受け取る