食物アレルギーや花粉症でお困りの方々へ~

~食物アレルギーや花粉症でお困りの方々へ~

 

今回は、食物アレルギーや花粉症でお困りの方々の手助けになればと思い、書かせていただきました。

実は、私はアトピーを持っており(幼少期は喘息も)、妻は花粉症や喘息、食物など

かなりたくさんのアレルギーをもっております。

 

アレルギーとは

  アレルギーとは、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こる事です。

免疫反応は、外来の異物(抗原)を排除するために働く、生体にとって不可欠な生理機能です。

喘息やアトピー、花粉症・アレルギー性鼻炎もそうです。

~たくさんある花粉症の一例~

つらい花粉症もアレルギーのうち一つ。そのうち有名?なところを季節に分けてあげていきます。

 

春の花粉症

 スギやヒノキが有名ですね。

・スギ(2~4月)北海道を除く全国 ・ヒノキ(3~5月) 関東以南 ・ネズ(4~5月) 北海道を除く全国 ・シラカンバ(4~5月) 関東以北 ・ハンノキ(1~6月) 全国

・コナラ(4~5月) 全国

 

夏の花粉症

 イネ科が主で、なかでもカモガヤです。

カモガヤは、川沿いに生息するので、川に近い方は要注意です。

 ・カモガヤ(4~7月) 全国 ・オオアサガエリ(4~7月) 全国 ・ハルガヤ(4~7月) 全国 ・ホソムギ(4~7月) 全国 ・スズメノカタビラ(3~5月) 全国

 

秋の花粉症

ブタクサが有名です。

・ヨモギ(8~9月) 全国 ・ブタクサ(8~10月) 全国 ・オオブタクサ(8~10月) 北海道を除く全国 ・ギシギシ(5~8月) 全国

 

冬の花粉症

冬は一番花粉が飛んでいない季節ですが、少しだけなら晴れの日に飛んでいます。 12月でも暖かい日は秋の植物の花粉が飛んだり、イネ科の花粉やスギ花粉も 暖かい日ならば早いと1月中ごろから飛び始めます。

~くしゃみや鼻水について~ 

これもアレルギー反応の場合が多いです。よく効くくといわれている食べ物を含めて、簡単に説明します。

 

アレルギー性鼻炎に効く食べ物

3大症状と言えば・・・・・急に何度も出るくしゃみ、鼻づまり、鼻水(水っぽい)

鼻炎に効く食べ物

・生姜・・・体内に異物が入ったときに反応して出る炎症物質を抑える効果があります

・しそ・・・しそに多く含まれるルテリオンという物質が効くそうです。

活性酸素を取り除いたり、炎症をおこしにくくする効果があります。

・ヨーグルト・・・腸内環境を整えて免疫を上げます。

・青魚・・・アジ、イワシ、サバなどに多く含まれるDHA、EPAが、アレルギー症状を

起こしにくくしてくれます。

・納豆・・・納豆菌が腸内環境を整えてくれます。

・トマト・・・トマトの皮に強い抗酸化作用があることがわかっており、アレルギーを抑える効果が

あるそうです。

「トマトが赤くなると医者が青くなる 」という程、身体にいい食べ物です。

*野菜については、書き出すと止まらなくなるので、また後日、色々書きたいと思います。

 

 

~アレルギーを悪化させる食べ物~

   インスタント食品や加工食品。

加工油脂が含むトランス脂肪酸は免疫系に悪影響を及ぼします。

加工食品などには、様々な添加物が多く含まれており、身体に悪影響を及ぼすものも

多いのが現実です。

*これも、書き出したら止まらないので、また後日・・・

 

 

 ~まとめ~

アレルギーなど治すためには、免疫力を上げていき、体質を改善する必要があります。

危険な添加物等を避け、身体に安全な食べ物を食べる、身体の中から健康にする事が

大切です。

今日は、食物アレルギーや花粉症でお困りの方々の手助けになればと思い、書かせていただきました。 参考になれば嬉しいです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな人が書いています

玉城雄湖

ミルメルシーは、お客様が外でも安心して食事ができる環境づくりを目指しています。

そのために、調理方法だけでなく、調味料や仕入れにも気を配っております。

赤ちゃんが食べても安全なように、野菜ソムリエの資格をもったシェフが、農家さんの作る無農薬無化学肥料栽培の野菜を料理・デザートに取り入れています。

健康で安心して食べられて、しかも美味しい料理をご提供できるよう、これからもがんばっていきます。

Facebookでお知らせを受け取る